修理

穂高リビングチェアの修理について

穂高のリビングチェアは置きクッションタイプのため、経年変化に合わせてクッションを取り替えることができます。
また、ゆったりとした座り心地を実現するため、置きクッションの下には伸縮性のあるメッシュネットを張っています。
永年の使用で伸縮性が損なわれた場合でもお客様自身で座枠のお取り替えが可能です。

クッションや部品のお取り替え

永年のご使用によりクッションがヘたったり、汚れが目立ってきたときはクッションのお取り替えをご検討ください。クッションやギボシなどオンラインストアにてご購入いただけます。

座枠のお取り替え

穂高のリビングチェアは、置きクッションの下に伸縮性のあるメッシュネットを張り込んだ座枠を使用したダブルクッション構造です。このメッシュネットは、110kg加重を5万回繰り返すという試験でも、破損や変形が認められない丈夫な素材です。永年の使用で伸縮性が損なわれた場合でも座枠のお取り替えが可能です。オンラインストアにてご購入いただけます。

※座枠はリビングチェア用とスツール用がございます。スツールの場合、弊社にてお取り替えとなりますので修理窓口よりお問い合わせください。

※メッシュネット座枠は消耗品につき10年保証の対象とはなりません。

  • 座枠の外し方

    肘用カキトリの手前にビス(2カ所)があります。
    ドライバーでビスを抜き、座枠の手前を持ち上げると外れます。

ゴムシート(バイタフラム)の座枠をお持ちの方へ

穂高リビングチェアは発売以来、ゴムシート(バイタフラム)の座枠を使用しておりましたが、クッション性と耐久性を高めるため、メッシュネットに変更させていただきました。誠に申し訳ありませんが、2006年6月1日をもちましてメッシュネットの座枠でのお取り替えとなりますのでご了承ください。また商品特定のため、ゴムシート(バイタフラム)の中央部の番号「PF-0000」をご確認の上、修理窓口よりお問い合わせください。

※番号が「PF-0752」の場合、上記座枠をご購入いただければお客様自身でお取り替えできます。

穂高リビングチェア後脚の接着剥がれについて

穂高リビングチェアの後脚は、おおよそ 10cm 幅の無垢材を貼り合わせ、大きな1枚の板を作り、その板を切り抜いて作製しています。この貼り合わせの際に、1984年までは「尿素系」の接着剤を使用しておりました。この接着剤は、当時は最高の接着剤でしたが、経年変化により接着面が剥がれやすくなるということが判明し、84年以降はより強度のある「酢酸ビニール系」の接着剤に変更し、この様な現象は発生しておりません。

後脚の接着面

穂高では、1969年の発売以降 1984年までの15年間に製造した製品が「尿素系」接着剤を使用しており、上記の理由や仕様環境によってまれに後脚の接着部分が剥がれることがあります。そのような場合、無償で修理を承っております。(2011年10月1日より、往復送料は別途実費)後脚の接着剥がれを放置したままお使いになりますと転倒の原因となりますので、お使いの穂高リビングチェアの点検をお願いいたします。また、何脚かセットでご購入いただいたものを修理する場合、接着剥がれを起こしていない製品についてもお客様と相談の上、同時に点検・修理を行いますので、修理窓口よりお問い合わせください。

接着面が剥がれた製品

修理の方法

接着が剥がれた部分にビスを打ち込み接着剤を塗布します。

ビスが見えないように木栓で塞ぎます。

接着した部分が目立たないように、慎重に塗装し完成。
お預かり後一ヶ月で修理、お届けいたします。