製品情報

よくある質問

引き出しがかたくなって開けられません。対処方法は?

湿度が高くなると、木がふくらんで 引き出しがかたくなり開けられない時があります。そのような場合は、風通しの良い日陰で 根気よく乾燥させてください。引き出し本体の側面と底面にとロウソクや シリコンを塗って、滑りやすくするのもひとつの方法です。

折れ・割れ・キズが発生しました。修理したい場合は?

折れ・割れ・キズが発生した場合は、お買い上げいただいた販売店、または弊社までご相談ください。

取扱説明書・組立説明書をなくした場合は?

各商品詳細ページより、説明書のPDFファイルをダウンロードしてご覧いただけます。掲載のない場合やお手持ちの製品の仕様が説明書と異なる場合は、お手数ですがお買い上げいただきました販売店、または弊社までお問い合わせください。

10年保証とは?

各家具の耐久箇所(木部)について、ご購入から10年間、製作過程の不具合による破損の場合は無償修理いたします。

羽毛クッションのお手入れ方法は?

羽毛クッションはリッチでふんわりとした自然な表情と独特の座りごこちがありますが、何度も座っていると羽毛が偏り、いびつな形になることがあります。その様な場合や、カバーを掛け替えたあとは下記の手順でフォーミングを行ってください。

 

【フォーミング】

1.ボリュームの少ない方を下にして、軽くとんとんと下に落として、偏りを直す。
2.手で両側から、ぱんぱんとたたいてでこぼこを直す。

【濡れてしまったとき】

できるだけ早くカバーから取り出し、天日の下か布団乾燥機でフェザーが固まらないようにときどき手でほぐしながら乾かしてください。濡れたまま放置すると、フェザーが固まってふくらみがなくなったりフェザーが腐ることがあります。

【においが気になるとき】

購入時・梅雨・夏場の時期は若干においが出る場合がありますが、使用期間に応じてほとんど気にならなくなります。万が一、においが気になったら、夏場はカバーから取り出して天日の下で一日干すことをおすすめします。梅雨時期の場合は、大きめの箱または布団袋に入れて、布団乾燥機の高温で約3~6時間乾燥させてください。

【ご注意】

暖房機・アイロン・ドライヤーなどの熱で急激に乾燥させるのは絶対におやめください。フェザーが傷んで性能が低下するおそれがあります。

本革・オイルアップレザーのお手入れ方法は?

本革の持つ風合い、ボリューム感、使い込むほどに馴染んでゆく座りごこちの良さ…。永くご愛用いただくためにも以下についてご注意ください。

*PROVINCIALシリーズのP1301・P13007には、使い込んだ風合いを醸し出すために、オイルアップレザーを使用しております。オイルアップレザーとは、革本来の風合いを重視したごくうす塗装の本革です。

 

【普段のお手入れ】

ご購入後、最初に汚れから保護することが大切です。普段は、柔らかい乾いた布で乾拭きしてください。詳しく知りたい場合は、弊社のショールームまでお問い合わせください。

【ご注意】

靴用クリームやベンジンなどの薬品はお使いにならないでください。

ラッカー塗装のお手入れ方法は?

北海道民芸家具シリーズ限定で、植物系のラッカー塗装を行っています。カバ材の天然美を活かすために、特殊な顔料を何度も刷り込み、美しさや色の深みを出しています。ラッカー塗装は塗装面がしっとりと仕上がり、天然木の持つ温もりをより一層感じられます。大きなキズなどがついてしまった場合は、弊社工場での再塗装修理(有償)が必要となりますが、小さなキズの場合はご家庭で補修することもできます。

 

【補修ペンを使ったお手入れ】

打ちキズや擦りキズ等、塗料がはがれた場合、専用ペンで補修することができます。キズ部分以外にはみ出た塗料はツヤが出てみえますので、布またはティッシュペーパー等で軽く拭きとってください。