サポート

木部のお手入れ

ポリウレタン塗装

ポリウレタン塗装とは、一般的な家具に用いられる塗装方法です。
塗装面は比較的かたくてキズがつきにくいといった特徴が挙げられます。

ふだんのお手入れ

柔らかい乾いた布で乾拭きしてください。
水分をしっかり切った布でもかまいませんが、乾拭きをして水分が家具に残らないようにしてください。
熱いものを直接置かれると、輪染みの原因となります。ランチョンマットなどを敷いてください。
輪染みが付いてしまった場合、再塗装修理が必要です。
底がザラついた陶器などもキズの原因となるのでご注意ください。
ワックスや化学ぞうきん、また消しゴムなどの使用も避けてください。
ツヤが上がったりくもりが出たりしてしまいます。

油汚れには

中性洗剤をお湯で薄めて拭き取ってください。そのあと乾拭きをしてください。

オイル仕上げ

オイル仕上げは、木の良さを活かすため、限りなく木肌に近く、人肌にも優しい自然系塗料を使用しています。
また、この塗料の主成分は、アマニ油、みつろう、食品添加物などの自然原料で、環境ホルモンなどの物質は含まれておらず、「安全・安心」の仕上げとなっています。
塗膜がとても薄いので、定期的なメンテナンスが必要ですが、小さなキズや汚れは、各ご家庭でお手入れできます。

ふだんのお手入れ

柔らかい乾いた布で乾拭きしてください。
水分をしっかり切った布でもかまいませんが、乾拭きをして水分が家具に残らないようにしてください。
熱いものや水滴の付いたグラスを直接置かれると、輪染みの原因となります。
ランチョンマットなどを敷いてください。
底がザラついた陶器などもキズの原因となるのでご注意ください。
ワックスや化学ぞうきん、また消しゴムなどの使用も避けてください。
ツヤがあがったりくもりが出たりしてしまいます。

メンテナンス

OF_maintenance-set_sメンテナンスキット小さなキズや汚れは各ご家庭でもお手入れができるように別売りでメンテナンスキットをご用意しています。

オイルフィニッシュメンテナンスキットのお求めはこちらから

ダイニングテーブルなど使用頻度の高いものは、ご購入から1ヵ月以内に1度「みつろうワックス」を塗布してください。
その後は、年に2回を目安に、表面ががさついてきたら「みつろうワックス」を塗布してください。
キズをつけたり、汚れてしまったときやオイルが染みこんで色あせた場合はメンテナンスキットを用いて、補修しましょう。

  1. クッションペーパーで、なでるように軽く磨いてください。
    その時、木目に合わせて磨かないと、キズがついてしまいます。
  2. 磨いて出た木粉を取り除いてから、
  3. ウエス(布)に、オイルを染みこませ伸ばしていきます。
    表面にオイルが残らないように乾いたウエスでしっかり拭き取ってください。
  4. 12時間乾燥させてから、みつろうワックスをウエスになじませて少しずつ伸ばします。
    たくさんつけるとべたつきます。
  5. 伸ばし終わったら、乾いたウエスで乾拭きして、乾かせば出来上がり。

maintenance

天板などの凹んだ打ちキズなどの応急処置

  1. 凹んだ部分に軽くクッションペーパーをかけます。
    その時、木目に合わせて磨かないと、キズがついてしまいます。
  2. 軽く絞ったぬれた布をあて、上からアイロンで熱を数秒加えます。
    あてすぎは、焦げ・変色の原因となりますので、十分ご注意ください。
  3. 木が水を含み、凹み部分がふくらみます。
    大きな凹みは完全には平らになりませんのでご注意ください。
  4. あとは、上記の方法でオイルメンテナンスを行ってください。

attention ご注意

  • 作業中は換気をしっかり行ってください。
  • 作業中・乾かしている間、オイルが肌や衣類に付着するおそれがあるのでご注意ください。
  • 万が一、中身が衣服や肌についた場合はよく水洗いしてください。
  • 目に入った場合は、すぐに水で洗い流してください。
  • 口に入った場合は、すぐに吐き出してうがいをしてください。
  • 肌の弱い方・皮膚に異常のあるときはご使用を避けてください。
  • ご使用後のオイルの染みこんだウエスは破棄するまで、水につけてください。
  • 太陽光などで自然発火し、火災の原因となるおそれがあります。
  • ご使用後のオイルキャップはしっかり締め、お子様の手の届かないところに立てて、保管してください。
  • オイルは長時間放置すると、硬化します。
  • 使用期限を守ってお使いください。

オイルメンテナンスの方法

オイルメンテナンスの方法を動画でわかりやすくご紹介しています。ぜひご覧ください。

ラッカー塗装

北海道民芸家具では植物系のラッカー塗装を行っています。油性のラッカーに比べ人にやさしく、天然木の持つ温もりをより一層感じられます。

ふだんのお手入れ

ホコリや手垢などは木綿の布で軽く拭くだけでとれます。汚れのひどいものはうすい中性洗剤で汚れを落とした後、すぐ乾いた布で水気をよく取り除いてください。
また、小さなキズは専用ペンにて補修できます。お近くの販売店にお問い合わせください。

補修ペンの使い方

北海道民芸家具をご使用中に、打ちキズや擦りキズ等で塗料がはがれた場合、色つけ補修する専用ペンで補修することができます。

111324092328 111324092340

  1. キズの大きさにより、補修ペン筆先の大小(左右)を使い分けて、キズより塗料がはみ出さないように色つけします。
    角面の擦りキズ色つけ補修は筆先の太い大きい方を使用し、筆の腹及び先で色つけしてください。
  2. キズ以外にはみ出た塗料はツヤが出てみえますので、布、またはティッシュペーパー等で軽く拭いてください。

attention ご注意

色つけ補修ペン使用後は必ず筆先をキャップでしっかりと締めてください。キャップをはずしたままにしておきますと液が乾き使用できなくなります。

PROVINCIALの塗装について

PROVINCIALには、使い込んだ風合いを醸し出すために、特別手間を掛けたアンティーク塗装が施されています。
例えば、「うづくり」加工。
「うづくり」とは、木の表面を木目に沿って硬いブラシで擦る加工で、表面の柔らかい部分(夏目)が削れ、堅い部分(冬目)が残り、豊かな木の表情が現れます。ただし、表面に凸凹ができるためふだんのお手入れにも注意が必要です。

ふだんのお手入れ

柔らかい乾いた布で「木目に沿って」乾拭きしてください。
水分をしっかり切った布でもかまいませんが、木目に沿って乾拭きをして水分が家具に残らないようにしてください。
熱いものや水滴の付いたグラスを直接置かれると、輪染みの原因となります。ランチョンマットなどを敷いてください。
底がザラついた陶器などもキズの原因となるのでご注意ください。
ワックスや化学ぞうきん、また消しゴムなどの使用も避けてください。
ツヤが上がったりくもりが出たりしてしまいます。

油汚れには

中性洗剤をお湯で薄めて「木目に沿って」拭き取ってください。
そのあと木目に沿って乾拭きをしてください。

メンテナンス

P_maintenance-kit_s小さなキズや汚れは各ご家庭でもお手入れができるように別売りでメンテナンスキットをご用意しています。

プロヴィンシャルメンテナンスキットのお求めはこちらから

attention ご注意

  • 作業中は換気をしっかり行ってください。
  • 作業中・乾かしている間、塗料が肌や衣類に付着するおそれがあるのでご注意ください。
  • 万が一、中身が衣服や肌についた場合はよく水洗いしてください。
  • 目に入った場合は、すぐに水で洗い流してください。
  • 口に入った場合は、すぐに吐き出してうがいをしてください。
  • 肌の弱い方・皮膚に異常のあるときはご使用を避けてください。
  • ご使用後の塗料の染みこんだウエスは破棄するまで、水につけてください。太陽光などで自然発火し、火災の原因となるおそれがあります。
  • ご使用後の塗料のキャップはしっかり締め、お子様の手の届かないところに立てて、保管してください。