お手入れ

張り布のお手入れ

普段のお手入れ

  • クッション

    普段のお手入れは、掃除機でゴミやほこりを吸い取ったり、柔らかいブラシでブラッシングしてください。ゴミやホコリをこまめに取ることがきれいさを保つコツです。
    汚れた場合は、すぐに中性洗剤をお湯で薄めて固く絞った布で表面をたたくようにして落とし、固く絞った蒸した布で洗剤分を拭き取り、乾いた布で乾拭きしてください。

    クッション
  • カバーリング商品

    カバーリング仕様の商品は、カバーのみを取り外して簡単にお手入れができます。張り布によってはご家庭でのお洗濯、またはクリーニングが可能です。商品に付いている洗濯タグをご確認ください。

  • 中袋タイプ

    【中袋タイプ】

    クッションにファスナーがついており、中袋を取りだして、カバーのみお洗濯をすることができます。

  • 座面取り外しタイプ

    【座面取り外しタイプ】

    座面はグリップボルトで留めているため、工具を使わずに簡単に取り外すことができます。カバーはマジックテープで取り外せます。

  • マジックテープタイプ

    【マジックテープタイプ】

    カバーの脱着がしやすく、座面全体に茶色のインナーウェアを着せているため、洗濯中も椅子の見た目を損ないません。

羽毛クッションのお手入れ方法

羽毛クッションはリッチでふんわりとした自然な表情と独特の座りごこちがありますが、何度も座っていると羽毛が偏り、いびつな形になることがあります。その様な場合や、カバーを掛け替えたあとは下記の手順でフォーミングを行ってください。

  • フォーミング

    1.ボリュームの少ない方を下にして、軽くとんとんと下に落として、偏りを直す。
    2.手で両側から、ぱんぱんとたたいて凸凹を直す。

  • 濡れてしまったとき

    できるだけ早くカバーから取り出し、天日の下か布団乾燥機でフェザーが固まらないようにときどき手でほぐしながら乾かしてください。濡れたまま放置すると、フェザーが固まってふくらみがなくなったりフェザーが腐ることがあります。

  • においが気になるとき

    購入時・梅雨・夏場の時期は若干においが出る場合がありますが、使用期間に応じてほとんど気にならなくなります。万が一、においが気になったら、夏場はカバーから取り出して天日の下で一日干すことをおすすめします。梅雨時期の場合は、大きめの箱または布団袋に入れて、布団乾燥機の高温で約3~6時間乾燥させてください。

  • ご注意

    暖房機・アイロン・ドライヤーなどの熱で急激に乾燥させるのは絶対におやめください。フェザーが傷んで性能が低下するおそれがあります。

本革・オイルアップレザーのお手入れ方法

本革の持つ風合い、ボリューム感、使い込むほどに馴染んでゆく座りごこちの良さ…。永くご愛用いただくためにも以下についてご注意ください。
※PROVINCIALシリーズのP1301・P1307には、使い込んだ風合いを醸し出すために、オイルアップレザーを使用しております。オイルアップレザーとは、革本来の風合いを重視した薄い塗装の本革です。

  • 普段のお手入れ

    普段は、柔らかい乾いた布で乾拭きしてください。汚れた場合は、ユニタス社製のレザーマスターでのお手入れをお勧めしています。各ショールームでお取り扱いがございます。詳しくは弊社ショールームまでお問い合わせください。

  • ご注意

    靴用クリームやベンジンなどの薬品はお使いにならないでください。