取り組み

Salone del Mobile.Milano

毎年4月にイタリアのミラノで開催される、世界最大規模の家具見本市「ミラノサローネ国際家具見本市」。毎年1,000社を超える出展社数と35万人以上の来場者を迎え、世界のインテリアビジネス、トレンド発信の中心地となっています。

飛騨産業が初めてミラノサローネに出展したのは2005年です。
奇跡ともいえるような、巨匠エンツォ・マーリとのコラボレーションから生まれた新作家具「HIDA」を世界に発信したい。熱い想いからミラノサローネへの挑戦がはじまりました。

 

ミラノサローネ2018特設ページはこちら

2018年

2018年

「Bent & Compressed(曲木と圧縮)」飛騨産業が誇る技術を明快に打ち出したコン ...
2017年

2017年

初の本会場単独出展と「CASA GIFU II」への出展6回目となるサローネ出展。過去5回の出展経験 ...
2016年

2016年

2016 フォリ・サローネ「CASA GIFU」に出展sozo_commメンバーとして4回目の出展を ...
2013-2015年

2013-2015年

2013-2015 sozo_commメンバーとしての出展2005年の初出展以降、はからずもリーマン ...
2005年

2005年

  2005年「エンツォ・マーリが取り組む100万の1万倍もの日本の杉の木」展 会場:ミラ ...