天然木について

天然木について

化粧合板などとは違い、天然木の木目や色味は様々です。
「木」と一言に言っても、その表情は様々。
例えば、一本の幹の中でも「心材」と呼ばれる幹の中心部は色が濃く、「辺材」と呼ばれる外側の部分は薄く、心材とは色が異なります。また、木は光合成をするために枝葉をたくさん伸ばすので「節」が現れたりもします。
飛騨産業ではこのような木材の様々な表情を活かした家具づくりを行っています。

貴重な森林資源である木材を使用して家具を作り出している弊社としては、材料を無駄にするわけにはいきません。原木から家具になるのはわずか30%です。そのため、加工の段階で現れる「虎斑」や「目節・芽節」を含む材料は、品質に影響がないと判断した場合、商品として完成させています。
地球環境を保護するためにもご理解いただきますようお願い申し上げます。

様々な木の表情

  • 虎斑(とらふ)

    木目の中でも装飾性が高く美しいものを杢(もく)と呼んでいます。代表的なものがホワイトオーク材に現れる虎斑(とらふ)です。柾目材にのみ出る模様で、光沢があり、シルバーグレインと呼ばれて珍重されています。 虎斑は立ち木の時に養分貯蔵の役割を担っていた細胞組織です。悪い材と勘違いされることもしばしばありますが、杢目は天然の木材であると同時に、良質な木材である証なのです。

    虎斑(とらふ)虎斑(とらふ)

  • 目節・芽節

    木材は成長する段階において、幹より枝を伸ばし葉をひらき養分を蓄えます。成長とともに小さな枝は落ち、大きな枝へと変わってゆき、幹の中に枝の芯である「節」が残ります。幹が大きくなるとともに表面から内側に「節」が入り込むので、製材すると表面に現れてきます。この節が「目節・芽節」と呼ばれるもので、製材した後の加工の段階でも表面に現れてきます。

    目節・芽節目節・芽節

木の経年変化

  • 経年による変色

    無垢の木は、時間が経つほどに味わい深い表情となる素材です。使い込むうちにゆっくりと色が変化していきます。 このような材色の変化も、天然木の魅力と言えるでしょう。

    経年による変色

  • 伸縮

    木は家具になった後も呼吸をしながら生きています。そのため、吸放湿作用により、水分を吸収したり放出することによって伸縮します。その際に樹皮に近い「木表」と、中心部に近い「木裏」では収縮率が違うため伸縮の仕方が異なります。

材種別の特徴

  • ホワイトオーク

    ホワイトオーク

  • 木の育ち方の違いによって、様々な材色が現れます。また、幹の中に枝の芯が残ることによって「節」ができます。 柾目材には「虎斑」と呼ばれる縞模様が現れます。
    ※飛騨産業では、商品の曲木部分などの一部にナラ材を使用しています。


    • 節
    • 材色の濃淡
      材色の濃淡
    • 虎斑
      虎斑
    • スジ状の木目
      スジ状の木目

    ホワイトオーク材の商品を見る

  • ウォルナット

    ウォルナット

  • 木の育ち方の違いによって様々な材色が現われます。また、1本の幹の中でも心材は濃い茶褐色であるのに対し、辺材は白く、色の差がはっきり現れます。その他、小さな生き節の「目節・芽節」や、波状の杢目があります。

    • 材色の濃淡
      材色の濃淡
    • 心材・辺材
      心材・辺材
    • 目節・芽節
      目節・芽節
    • 波状の杢目
      波状の杢目

    ウォルナット材の商品を見る

  • ビーチ

    ビーチ

  • 厳しい自然環境の中で育った証として、黒スジや波状の杢目、材色の濃淡などが現れます。心材は赤く、辺材は白くはっきりとしています。

    • 黒スジ
      黒スジ
    • 波状の杢目
      波状の杢目
    • 材色の濃淡
      材色の濃淡

    ビーチ材の商品を見る

  • スギ

    スギ

  • スギ圧縮板目材の場合、多くの節が生じます。また、木の成長した環境によっては目節・芽節が密集して現われることがあります。


    • 節
    • 目節・芽節
      目節・芽節

    スギ材の商品を見る

  • カバ

    カバ

  • 木材の内部の色が濃い部分を心材(赤身)と言い、樹皮に近い周辺部で成長している部分を辺材(白太)と言います。 カバ材は心材は赤く、辺材は白いため、色の差がはっきり現れます。

    • 心材・辺材
      心材・辺材

    カバ材の商品を見る