製品情報

北海道積丹半島、そこには樹齢65年の美しい唐松林が広がっています。
石炭掘りが盛んだった頃、先人たちが炭鉱の杭木用に植えた名残です。
いつしかそれは、積丹唐松と呼ばれるようになりました。

長い冬の風雪と短い夏の光が織りなす、独特な赤みと密な木目。
自然の物語がそこに多く刻まれているに違いありません。
飛騨産業北海道工場では、この積丹唐松を家具に活かすべく
樹脂抜きや曲げ木などで可能性を幅広く探って参りました。

『北海道物語・積丹-SHAKOTAN-』がここに誕生しました。
野趣豊かな家具を、ぜひともお楽しみください。

※「北海道物語・積丹-SHAKOTAN-」は取扱店限定商品です。

様々な加工技術

肘木と前脚の接合部はロッキング加工(凹凸に加工してはぎ合せる)と埋木処理を行っています。

肘木と後脚の接合部はホゾを貫通させてちぎりで止めています。尚、ちぎりはウォルナットを使用しアクセントになっています。

木目の軟らかい部分をすり減らし、年輪を際立たせるうづくり仕上げを施しています。

Items