技を磨く

技を磨く

高度な技術に支えられた美しいプロダクトの数々。

そこには最高のものづくりに関わる情熱と誇りがあります。

お客様の心に響くものづくりのために、

絶えず技術の研鑽に努めます。

曲木

飛騨産業の原点と言える技、それが「曲木」です。優雅で美しい曲線を作り出すのはもとより、木目を通すことで、強くしなやかな形状を作り出せます。

圧縮

木材を蒸煮し、組織を軟化させる曲木の技術と、加熱圧縮する技術を合せることで、薬剤を使用せず、より強度の高い杉材を作り出すことができます。

切削

座り心地の良さや美しさは、高度な切削技術に支えられています。さまざまな工具や機械を適材適所に使用することで、品質と生産性の向上を両立させています。

木組

「木組」は、昔から寺社仏閣などの日本建築に使用されている、木の特性を活かした伝統的な接合技術です。「かまち組み」や「ほぞ組み」など、用途に合わせた組み方を用いることで、耐久性や意匠的に秀でた家具づくりを実現できます。