製品情報

月光 - 特徴

【ベッドシステム】の特徴

【ウッドスプリング+オリジナルマットレス】の特徴

”体圧分散性”に優れる

※一般的に40mmHg以下が良いマットレスの選定基準となります。

人は横になることで局部的な圧迫がかかると、その部分の血流の循環が悪くなり、無意識にそれを改善しようと過度の寝返りを引き起こし、眠りのリズムが防げられ、結果として質の良い深い眠りを得られません。

飛騨産業オリジナルマットレス+ウッドスプリングの組み合わせは、仰臥位時(ぎょうがいじ)、側臥位時(そくがいじ)共に一般的なマットレスに比べて体圧分散性の良い実証結果が得られました。

理想の”S字カーブ”をキープ。

理想的な寝姿勢とは、立って息を吐きリラックスした状態でのS字ラインをそのまま横にした状態とされています。体圧分散性が良くても、このS字ラインをキープできないと、マットレスに落ち込み、背中や横隔膜が圧迫されスムーズな呼吸を阻害し、また、腰が落ち込むことで腰痛の原因になってしまいます。

飛騨産業オリジナルマットレス+ ウッドスプリングの組み合わせは、一般的なマットレスに比べて、より立位時のS字カーブに近い実証結果が得られました。