製品情報

私たちがキツツキデスクを作っています

ものづくりのはじめ

私たちは、お子様の心とからだの成長によりそう机を
お届けしたいと考えています。
シンプルなデザインと堅牢な作り。
森の恵みである無垢材をふんだんに使った天板。
大きくなっても座りやすい椅子。
出しゃばりすぎない機能。
全てのものづくりはここから始まります。

yajirusi_left 図面をひろげて打ち合わせするデザイン室の舛井さんと生産技術職場の田村さん

ものができるまで

充分に吟味された図面は職人たちの手によって
はじめてカタチになります。
作りながら、さわりながら、座りながら。
あらゆる過程で使いやすさを検討します。
お客様に愛されるものができるまで
とことん議論を重ねます。

yajirusi_left デザイン室の水谷さんと生産設計職場の玉田さん

ものづくりの心いき

飛騨の山奥にまだ鉄道も通っていない大正9年。
私たち飛騨産業はその産声を上げます。
山々にあふれ有効利用されていなかった「ブナ」の木を
ゆっくり蒸して曲げる「曲げ木」の技術で、
見たこともない椅子を作り始めたのです。
時は流れて90余年。
私たちは先人たちが築き上げたものづくりの
心いきを受け継ぎながら、
新しい技術開発に取り組んでいます。

yajirusi_left デスクチェアを組み立てる椅子組立職場の鷲見さん

自然なものの気もちよさ

木は生きています。
優しく丁寧に仕上げてあげればとても気もちがいいのはあたりまえ。
愛情込めて一塗り一塗り語りかけるように。
私たちが使っているオイルはアマニ油・蜜蝋など
自然からの恵みがおもな原料です。
ちょっとお手入れに手間がかかるけど、
長くお使い頂くには優しくして下さい。
人も木も自然なものが気もちいいのです

yajirusi_left 一塗り一塗りやさしく天板にオイルを塗るテーブル塗装職場の大沢さん

ものだけではありません

飛騨の高山はほぼ東京都と同じ広さ。
そのほとんどが森に囲まれています。
そんな山の中で机は作られています。
でもご安心下さい。
お客様のご要望やご意見を承り、
すぐに対応出来るよう、全国に営業担当者が駐在しています。
ものだけではないサービスも自慢です。

yajirusi_left お客様の笑顔を想いながら情報を登録する営業企画室の中藏さん