製品情報

Items

Designer

トラフ建築設計事務所 | 建築家
TORAFU ARCHITECTS

鈴野浩一(すずの こういち)と禿真哉(かむろ しんや)により2004年に設立。建築の設計をはじめ、ショップのインテリアデザイン、展覧会の会場構成、プロダクトデザイン、空間インスタレーションやムービー制作への参加など多岐に渡り、建築的な思考をベースに取り組んでいる。主な作品に「テンプレート イン クラスカ」「NIKE 1LOVE」「港北の住宅」「空気の器」「ガリバーテーブル」など。「光の織機(Canon Milano Salone 2011)」は、会期中の最も優れた展示としてエリータデザインアワード最優秀賞に選ばれた。2011年「空気の器の本」、作品集「TORAFU ARCHITECTS 2004-2011 トラフ建築設計事務所のアイデアとプロセス」 (ともに美術出版社)、2012年絵本「トラフの小さな都市計画」 (平凡社)を刊行。

WOOD COLOR [ホワイトオーク]

木目が真っすぐで硬く、柾目の部分には「虎斑」(とらふ)と呼ばれる独特の模様が見られる高級材です。

飛騨産業では、主に北米産のホワイトオークを使用しています。

※cobrinaには、森林資源保護のため小さな節などのある材料を使用する場合があります。

OU色
ポリウレタン樹脂塗装