会社・採用情報

女性活躍・両立支援

女性活躍推進法に基づく行動計画について

平成28年4月に成立した女性活躍推進法は、働く女性が希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するため制定されました。その背景には少子高齢化に伴い労働者不足が加速化している現状があります。
飛騨産業でも今後の労働人口減少を見据え、女性が働きやすく、またキャリアアップを目指していける仕組みづくりを行っていきます。

 

飛騨産業株式会社 行動計画

計画期間平成28年4月1日~平成32年3月31日までの4年間
課題1.採用における男女別競争倍率等には大きな差は見られないが、管理職に占める女性割合が低い。
2.管理職を目指す女性が少ない。
内容目標
主任、係長級の役職者に占める女性の人数を現在の11名から16名以上とし、管理職育成を図る。
対策 
●平成28年5月~   女性社員に対してキャリアアップ研修のニーズを把握するため面談を実施する。
面談の内容を踏まえ研修プログラムの検討を行う。
●平成29年12月~ 女性社員の積極的な育成や評価に向けた上司へのヒアリングを行う。
●平成30年1月~   女性社員の能力向上、キャリア形成のために面談を実施。
●平成30年2月~   女性社員(管理職候補者)に対し必要な研修の実施。

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画について

少子化が急速に進行し、わが国の経済社会に深刻な影響を与えることが懸念されています。少子化の背景の一つには、仕事と子育ての両立が困難な職場環境があると指摘されています。

このような状況を踏まえ、次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境をつくることを目的として、「次世代育成支援対策推進法」が平成17年4月に施行されました。

飛騨産業ではこの法律の施行を受けて、以下のような取り組みを計画しております。

飛騨産業株式会社 行動計画

計画期間平成30年4月1日~平成32年3月31日までの2年間
内容目標
仕事と育児を両立し、健やかな状態でその能力を発揮できる環境づくり
対策 
●育児短期間勤務制度(子の小学校就学前まで)の実施について、社員への周知。
●女性社員の能力向上、キャリア形成のために面談を実施。必要な研修の検討及び実施。