普段のテーブルをワークスペースに

 

 

新しい生活様式が求められる中で、プライベート空間の中に「仕事」という新たなスペースをつくる時代がやってきました。

玄関を出ることでスイッチがオンへ切り替わっていた生活が、家の中で自分自身で切り替えるスタイルへと変わってきたのです。

急にやってきたウィルスの影響で、ちょっとの辛抱だからと、限られた空間の中で何とかスペースを生みだしていた方もいたのではないでしょうか。

 

家で仕事をしてみて、感じたこと。

 

オンオフの切り替えが難しい。

生活と仕事のスペースを分けたいけれど、仕事に使える部屋なんてない。

そんな「困った」や「戸惑い」の声をたくさん聞きました。

 

けれど、みなさんが感じたたくさんの戸惑いたちは、実は、暮らしや未来の働き方を考えるきっかけになるのではないかと思うのです。

 

そこで今回ご紹介するのは、「普段のテーブルをワークスペースにする」というスタイルです。

 

普段のテーブルをワークスペースに

 

さて、おうちで仕事をするにあたって、みなさんはどこで行いましたか?

 

家族と共に過ごす自宅でワークスペースを確保した場合、ダイニングテーブルを利用したとの声を多く聞きました。

つまり、食事をした後にパソコンを運び込み、そこで仕事をし、時間がくれば、また家族で食事をする…

そんなスタイルが大半を占めていたと考えられます。

 

 

 

 

本当は個室やデスクがほしいけれど…

 

それは少し難しい。

でも今ある空間でできる限りの環境づくりをしたい。

 

今回はテレワークに向かうそんな気持ちに寄り添える2つのシリーズをご紹介いたします。

 

 

AWASE(アワセ)

「AWASE」シリーズは「ふたつのものをひとつにする」という意味がこめられています。

実は「AWASE」のテーブルは、直線部分をあわせるとひとつの大きなテーブルとなり、オフィスでの使用も想定されてデザインされているため、ワークスペースづくりに向いたシリーズでもあるのです。

 

 

 

 

 

アイテムには、リビングとダイニングのセットの他に、ダイニングテーブルと同じ高さと幅のオープンキャビネットがございます。

 

 

 

 

このキャビネットをテーブルにつけることでワークスペースを拡張。

書類や小型プリンターも収納でき、ダイニングテーブルでも快適なワークスペースを実現できます。

 

 

 

 

 

お仕事終了後は、パソコンなどの機器を収納して、今度は家族のダイニングスペースへとすっきり転換できます。もちろんこのキャビネットは壁付けもしていただけますので、本棚としてもお使いいただけます。

 

 

 

YURURI(ユルリ)

一人暮らしや少人数世帯でのワークスペースづくりには「YURURI」シリーズがおすすめです。

「YURURI」は曲線の美しさをモチーフにデザインされ、丸みを帯びたテーブルがお部屋の中での圧迫感を軽減させます。

 

 

 

 

片面がストレートなので、壁につけてデスクとしても、また、そのままお部屋の中央に置いてダイニングテーブルとしても用途に合わせてフレキシブルに活用いただけます。

 

 

 

 

 

テーブルは95cm、105cm、115cmの3サイズ展開です。

一人暮らしから家族のコミュニケーションテーブルまでダイニングとワークスペースの機能を兼ね備えた空間をつくることが可能です。

 

生活様式の変化に伴い、お部屋の家具を見直すことで、それぞれの生活スタイルに合った快適な空間をつくっていきたいですね。