飛騨から見える山

8月8日は「山の日」。社員の中にはこの時期ハイキングから本格的な登山まで、飛騨の豊かな自然を楽しむ人たちがいます。今回はそんな社員が撮影した山(笠ヶ岳・西穂高岳)の風景を少しだけご紹介。

飛騨山脈について

飛騨地方には、「北アルプス」の通称で有名な飛騨山脈があります。富山県、新潟県、岐阜県、長野県と4県境を跨いで南北に走る山脈には3000m級の山々が連なっており、飛騨の国からその全連峰が展望できることから「飛騨山脈」と名づけられたと言われています(諸説あります)。火山活動と断層運動の複合的な要因によって形成された山脈で、岩肌がむき出しになっている鋭い岩峰から高山植物が多くみられるなだらかな山まで、表情豊かな山景を楽しめます。最高峰は奥穂高岳(3190m)で、槍ヶ岳(3180m)、涸沢岳(3110m)と続き、多くの登山者の憧れの地となっています。

この記事をシェアする