気になるあれこれやってみた!
穂高の座枠交換

vol.1 穂高リビングチェアの座枠交換

穂高シリーズは発売50周年を迎え、リビングチェアの累計販売数は60万脚を超えました。ロングセラーとなった背景には、買い足せることに加えて、ご家庭でメンテナンスを行えるという特長があります。

今回は、そのメンテナンスの一つである「座枠交換」をご紹介します。

 

永年のご使用で、リビングチェアの座り心地が悪くなってしまったとお悩みではないでしょうか。

そんなときは、座枠という部品を交換することで座り心地をよみがえらせることができます。

たったの5分もあればできてしまう簡単な作業で、用意する工具もプラスドライバーのみ。

座枠って何?どうやって交換するの?といった疑問や注意点について、動画でご説明していますので、座枠をご購入の前にぜひご覧ください。


穂高 座枠

穂高リビングチェア専用の座枠です。永年の使用で伸縮性が損なわれた場合、簡単にお取替えが可能です。

11,000 円(税込)

 

商品ページへ


ロングセラーの秘密

穂高シリーズは、張り布の種類が豊富なことも人気の理由の一つです。

2018年には発売50周年を記念して鹿児島睦さんデザインの布「ナベダイラ(Cランク)」、2020年には創立100周年を記念して染色家の柚木沙弥郎さデザインの布「クツロギ(Eランク)」を追加し、歴史を感じることのできるデザインながら、現代のモダンな住宅にもコーディネートしていただけます。

すでに穂高のリビングチェアをお持ちの方は、クッションを取り替えてお部屋の模様替えを楽しんでみてはいかがでしょうか。

▼穂高シリーズの張り布はこちらをご覧ください。

 

穂高シリーズ専用張り布一覧


穂高
リビングチェア

発売から50年以上愛され続ける代表作。日本人の暮らしに根付いた、コンパクトで組み合わせ自由なリビングチェアです。

88.000円(税込)~

 

商品ページへ


穂高
センターテーブル

脚のロクロ加工や幕板の装飾など、木のぬくもりと職人技が感じられるテーブルです。

93,500円(税込)~

 

商品ページへ


穂高
コーヒーテーブル

脚のロクロ加工や幕板の装飾など、木のぬくもりと職人技が感じられるテーブルです。コーナーテーブルとしてもお使いいただけます。

71,500円(税込)~

 

商品ページへ

この記事をシェアする