kinoeは、笠木(かさぎ)に枝が使われている自然の形・質感が特徴的なデザインの椅子です。
国産材のみで作られており、木製家具としては軽量です。
丸みを帯びたやさしい形をしており
小さい子どものいる家庭のダイニングでの利用におすすめです。

story

kinoe誕生のストーリー

story 01

「枝」で椅子を作ってみました。

「笠木」ということばをご存じですか?
家具の世界で使われることばで、椅子の背もたれのいちばん上に横渡しされているパーツのことをいいます。では「木の枝」は? 説明なんて要りませんよね。そのまま。木の枝。でも、家具の世界で、それは「廃棄物」と同じ意味だとご存じでしたか? 山で木を切り倒し、製材するため町に運ぶとき、どうしても邪魔になる。だから切り落として丸太にする。「枝」は、そのまま山に捨てられます。それは林業の世界では常識でした。国産の木を使って誰も見たことのない新しい家具を作る、そんなミッションに対して飛騨産業が出した答えは、「笠木」の部分に「枝」をそのまま使った椅子。
名前は「kinoe」。腰掛けると、背中のカーブに添うようにすっと優しく包み込んでくれます。木を湿らせて熱を加えて曲げる「曲げ木」の技術を使っています。ちなみに、これは国産のスギの木の枝。時にはヒノキの枝も使います。

story 02

捨てられるものに目を向ける。

飛騨産業は、約百年前から家具を作っています。飛騨の山にたくさん生えていたブナの木をうまく活用しようというのがはじまり。高い技術と先進的なデザインで人気を博し、その後、次々と環境に配慮した家具を発表してきました。2001年には、家具の素材として「不良」とされ捨てられてきた「節」のある木を使って新しいシリーズを。家具の世界では欠点でしかなかった「節」を“個性”としてデザインに組み込んだのです。
また2005年には、柔らかくて適さないと言われてきたスギの家具を発表。実はスギって日本では余っている木なのです。建材として古くから育てられてきたものの、うまく活用できないまま日本中の山に残されてきました。それを独自の技術を活用し、家具にすることに成功したのです。
そして新たに誕生した「スギの枝」の椅子。その道程にはひとりの人物がいました。

story 03

枝に魅入られた男と、飛騨産業が常識やぶりを実現する。

「kinoe」に使われているスギやヒノキの枝は、皮を剥かれ非常になめらかに磨かれ、背中の曲線にフィットするように曲木加工されています。「枝」の発案者はデザイナーの貝山伊文紀。山に分け入っては、“いい枝”を拾い、ひたすら磨く。枝の表面はいつしか絹のようになめらかになり、でも形は拾った時のまま。そんな作品を作ります。
「kinoe」では、自然の美しさと加工技術の素晴らしさが両立されています。林業の世界の常識では捨てていたものを拾い集め、素材として扱う。家具の世界の常識では、一つひとつの部品は同じサイズと形であるべきなのに、ひとつとして同じものがない。
デザインは幾度も繰り返され、枝を集めるには新たな流通ルートを作りました。木の枝という不確定な素材の加工には、社内の研究所による無限の試行錯誤がありました。
これまでにいくつもの「常識やぶり」を実現してきた飛騨産業は、そこに新たな1ページを加えることに成功しました。

story 04

世界に一脚。でも、シンプルでモダンな“普通の椅子”。

「kinoe」が「枝」を素材とすることで、森のスギやヒノキは丸々一本、無駄なく使えるようになりました。幹は家具に。葉や樹皮は、これもまた自社の技術でまじりっけなしのアロマオイルに。そして枝は「kinoe」に。
ある意味、この椅子は飛騨産業がこれまで森や木に向き合ってきたやり方を象徴するような一脚になったと思います。
森林資源の循環と日本の木製家具の魅力をアピールする「WOOD FURNITURE JAPAN AWARD2016」で賞をいただき、建築界の巨匠・伊東豊雄さん設計の台湾のオペラハウスのカフェでも使われることになりました。でも、「kinoe」は“普通の椅子”です。「枝」なんですけど、派手に主張はしません。シンプルでモダンな佇まいを心がけました。普通の家庭のダイニングルームをさりげなく洗練させてくれるはずです。
機会があればぜひとも掛けてみてください。こんもりとした太い枝の笠木は、きっと柔らかくあなたの背中を受け止めてくれます。
そして「kinoe」にはひとつとして同じデザインのものはありません。あなたの出会った一脚は、本当の意味であなただけの一脚になるのです。

lineup

kinoeラインナップ

  • Chair

    Chair

    • EK223 チェア
    • W41×D50×H85.5 SH42
    • 笠木:国産スギ枝
    • 小凭/脚:国産ブナ
    • 座板:国産クリ

  • Bench

    Bench

    • EK661 ベンチ
    • W105×D46.5×H83 SH42
    • 笠木:国産スギ枝
    • 小凭/脚:国産ブナ
    • 座板:国産クリ
  • Table

    Table

    • EK333WP テーブル
    • W160×D85×H70
    • 脚間:W117 D56.5
    • 天板:国産クリ/脚:国産ブナ
    • 脚:国産ブナ
    • *脚間測定位置は座高の高さです。

    *kinoeは開発途中のため、若干のデザイン変更が生じる場合があります。

case

ダイニングでのkinoe体験

2歳の子どもが主役の
白坂家でもkinoeは大活躍。

料理家の白坂さんは、ご主人と2歳になる子どもと、都内のマンションで暮らしています。家の中心は、ファミリー3人が憩うダイニング。優しい日差しが差し込むその部屋には、シンプルなテーブルにkinoeの椅子がマッチしています。
kinoeの第一印象は、「とにかく、枝の使い方がオシャレ」と言う白坂さん。ユニークなデザインなのに、並べて使ってもスッキリ見えるところが気に入ったといいます。けれども、それ以上に驚いたのは、見た目以上に軽くて安定感があること。
「子どものいる家にもいいですね。枝の部分もすべすべに加工してあるので、危なくないですし。座面のカーブも絶妙で、足のつかない子どもでも、座りやすいみたいです」

「主張しすぎない個性が魅力」
塩谷 舞さんがkinoeを語る。

都内のマンションで二人暮らしをしている、フリーランスの編集者・ライターの塩谷さん。1LDK の自宅にお伺いすると、居心地よいリビングに通していただきました。ウッディなインテリアに、kinoeの椅子がさりげなく馴染みます。
「kinoeを最初に見たときは『木の枝!?』と、興味をそそられました。個性的ながらもシンプルでモダンなデザインなので、どんな部屋にも合うんですよね。座り心地もいいですし、感触も驚くほど滑らか。いつまでも座って触っていたくなります」
ウッディなインテリアが好きだけど、“自然”テイストを部屋の主役に据えるのではなく、あくまでもさりげなく。彼女のこだわりに、kinoeはぴったりだったようです。

event

イベント情報

FabCafe Tokyoに期間限定
「kinoe」のダイニングが登場!

展示に関するお問い合わせは、FabCafe Tokyoまで。
http://fabcafe.com/tokyo/

2016 年11 月15 日(火) から29 日(火) まで、渋谷にあるFabCafe Tokyoにて、
飛騨産業の家具「kinoe」シリーズの体験ができます。
まるでダイニングに居るように、実際の「kinoe」のダイニングスペースで
コーヒーを飲んだりくつろぐことができます。
あなたも座り心地を体験してみませんか。

“期 間
  限 定”

news

飛騨産業の最新情報

PAGE TOP