製品情報

オイル仕上げ商品のメンテナンス

 

オイル仕上げの特徴

 

オイル仕上げの商品は表面をコーティングする塗膜がとても薄いため、より木目の表情を感じることができ、使っていくほど味わいを増していきます。その分、梅雨の高温多湿や冬の乾燥などといった、外部環境の変化によって影響を受けやすくもあります。

 

そのため定期的にメンテナンスをする必要がありますが、小さなキズや油汚れは、ご自分の手でメンテナンスをすることができます。オイル仕上げ商品ならではの魅力的な部分と言えるでしょう。

 

 

 

あなたにとって、特別な家具へ

 

お手入れやメンテナンスは手間のかかる作業かもしれませんが、自分の手で行うことで特別感や愛着を感じる、あなただけの特別な家具になります。

 

そのひと手間ひと手間の積み重ねで、美しい状態のまま家具を次世代へ受け継ぐなんてことも。

 

共に過ごす家族のような存在になれたらステキですよね。

 

 

 

 

オイルメンテナンスキットを用いたメンテナンス

 

 

 

商品の塗装と同じオイルメンテナンスキットをご用意してください。

 

ダイニングテーブルなど、使用頻度の高いものは、ご購入から1ヶ月以内に蜜蝋ワックスを塗ってください。

その後は、小さなキズ、手あかや油汚れなどが目立ってきたらメンテナンスを行ってください。

 

目安としては梅雨になる前と冬になる前の、年2回をおすすめします。

表面のガサつきが気になる等の場合は、蜜蝋ワックスのみのメンテナンスでも結構です。

 

 

 

作業の流れ

1. 換気をする

2. 木目に沿って紙やすりをかける

3. 木粉を乾いたぞうきんで拭き取る

4. 植物系オイルをまんべんなく塗り込む

5. 表面に残ったオイルを乾いたウエスで拭き取り、約12時間乾燥させる

6. ウエスに蜜蝋ワックスを取り、少しずつ塗り込む

7. 乾燥させる

 

 

※オイルを染み込ませたウエスは、破棄するまで水に浸けておいてください。太陽光や空気接触による自然発火の恐れがあります。

※ウエスは、いらなくなったTシャツ(綿素材のもの)などで代用いただけます。

※紙やすりは、市販のもの(180番~240番)をお買い求めください。

 

 

▼オイル仕上げ商品のメンテナンス方法は、動画でもご紹介しています。

 ピックアップアイテム

メンテナンスキット

OF色専用

森のことば チェア

SN210

森のことば テーブル

SN390WP

森のことば リビングテーブル

SN118H