デザイナー

松村 勝男 KATSUO MATSUMURA

松村 勝男

KATSUO MATSUMURA

1923年
東京都生まれ
家具デザイナー
1944年
東京美術学校(現東京藝術大学)付属
文部省工芸技術講習所卒業
1958年
松村勝男デザイン室設立
1991年
永眠

1946年に吉村順三設計事務所に勤務し、主に家具デザインを担当。1955年には松屋銀座の嘱託となり、グッドデザインコーナーの売場デザインを手掛ける。1958年に松村勝男デザイン室設立。以後、数々の家具デザインを手掛け、日本の家具デザインの草分けの一人とされている。
青年時代より飛騨の家具に強い関心をよせていた松村氏とは、1986年に〈ガマイス〉の製作に取り組んでいる。国産材による作品を多く手掛けるが、あえなく廃番となった名作も多い。飛騨産業では、氏の功績に敬意を表し、1972年に手掛けた脱脂唐松による小椅子を、2009年より圧縮杉にて復刻生産している。

関連シリーズ

デザイナー一覧