デザイナー

原 研哉 KENYA HARA

原 研哉

KENYA HARA

1958年
岡山県生まれ
グラフィックデザイナー
1983年
武蔵野美術大学大学院 デザイン専攻修了
日本デザインセンター入社
現在同社代表
2003年
武蔵野美術大学教授

「もの」のデザインと同様に「こと」のデザインを重視して活動中。長野オリンピック開・閉会式プログラム、EXPO2005愛知公式ポスター、松屋銀座リニューアルなどのデザインを行う。一方で、2000年に「RE-DESIGN」、2004年に「HAPTIC」と題する展覧会を制作し、日常の文脈や人間の感覚の中にデザインの資源があることを提示した。世界インダストリアルビエンナーレ大賞、毎日デザイン賞、ADCグランプリ、亀倉雄策賞、原弘賞など、内外の受賞多数。
飛騨産業とは、2008年に「6人のデザイナーがつくる自分で使う家具」展への出品を目的に協業をおこない〈畳座〉をお披露目する。現在〈畳座〉は英国V&A博物館にコレクションされている。

関連シリーズ

デザイナー一覧