取り組み

「飛騨の家具®」認定企業

飛騨産業は『飛騨の家具®』ブランド認定企業です

協同組合 飛騨木工連合会では、伝統文化の精神性を大切にした上質な家具づくりを通して「飛騨の家具」のブランド化に取り組んでいます。その一環として、長年慣れ親しんできた「飛騨の家具」という名称を保護するため、地域団体商標を取得しました。「飛騨の家具」と「飛騨・高山の家具」という、二つの地域団体商標を平成20年(2008年)1月に登録。平成21年(2009年)5月には台湾、平成22年(2010年)2月には中国と、海外の二カ国でも登録を終えています。

これにより、協同組合飛騨木工連合会の組合員企業が、飛騨地域で製造した家具でなければ「飛騨の家具」「飛騨・高山の家具」、更には類語(飛騨家具、高山家具、飛騨地域の家具、飛騨の民芸家具、奥飛騨の家具など地域名と家具が一体になったもの)を表示・使用できなくなりました。

ロゴマークの商標登録は平成21年(2009年)11月に登録済。この商標は協同組合 飛騨木工連合会の組合員であっても、定めた認証基準を全てクリアした認定企業でなければ使用できません。

飛騨産業は、協同組合 飛騨木工連合会の定めた基準をクリアした認定企業です。

飛騨デザイン憲章

私たちは飛騨の素晴らしいものづくりの伝統を背景に、新しい匠の姿を求めつづけてきました。そして平成10年8月1日、飛騨の家具のランドマークとして「飛騨デザイン憲章」を制定・宣言し、新たな一歩を踏み出しました。共通のビジョンを掲げ「日本の美、飛騨デザイン」の確立を目指し、飛騨から世界へ発信し続けています。

第1条 自然との共生

家具づくりは森づくり

地球環境を考えた持続可能な家具づくり。


家具づくりは自然が育んだ木を材料としています。無駄な廃棄木材をつくらないために、効率的な木材加工を行い、端材や間伐材、国産材を活用した製品を開発し環境意識の伴った製品づくりに取り組んでいます。また、「企業の森づくり」など環境負荷の軽減につながる活動を行い、持続可能な家具づくりを促進しています。

第2乗 人がつくる

受け継がれる匠の技

天然木の温もりと手づくり感を大切にしています。


製品をつくる際、工場は一定のレベルまでは機械化されていますが、やはり熟練の職人による手仕事がかかせません。手仕事の中には大工職人の仕口や継手などの接合技術も取り入れられ、伝統的な手法を現代に残しています。また、愛着を持って安心して使えるよう、製品には10年間の保証がつき、木部の加工から塗装仕上げまで飛騨でつくられていなければ「飛騨の家具」と称しないことにしました。

第3条 心の豊かさ

安らぎのある生活空間を

法令を遵守し消費者生活の保全に努めています。


「飛騨の家具」はPL法などの安全性・品質に関わる法律を守るとともに、環境や健康に配慮した素材・原材料を積極的に活用し、長い期間使用できる丈夫さと世代を超えて愛着を深めていただける家具となっています。また公的機関による国際基準の耐久試験を義務づけるなど、厳しい認定基準を独自に設け、安全で安心できる消費者生活の実現を目指しています。

第4条 伝統を活かす

伝統を育む

長い歴史に安住することなく、次々に革新的な挑戦を続けています。


「飛騨の家具」は伝統を生かしながら、未来への伝統を育んでいます。今日まで永々と継承されてきたことを、同じように守るのではなく、その伝統の中から新たなものを見出す姿勢を持っています。その姿勢は各社それぞれで、「海外へ進出しようとする企業」、「地球環境や森林資源を見据えて新素材の開発に取り組む企業」、「コラボレーションし新しい生活空間を提案する企業」など様々です。

第5条 永続性

共に時を重ねる家具

目指すところは「もう一人の家族」です。


ヨーロッパでは何百年も前から家に伝わった家具を、今でもインテリアの一つとして大切に使っている家庭が多くあります。「飛騨の家具」もそんな家宝となれるような家具を目指しています。そのためには、丈夫で長持ちすること、愛着の持てる好みのデザインでなければなりません。私たちは「もう一人の家族」として愛される家具づくりにこだわり続けています。